FREETELのスマホの種類

FREETEは、格安SIMを取り扱うMNVOを運用している企業ですが、スマートフォン本体の開発も行っています。

他社のスマートフォンよりも数割安く、搭載しているスペックも利用に問題なスペックです。特にpriori3は、4.4型の小型のボディでLTEの高速通信に対応しているのに12800円と低価格です。

CPUやメモリ、バッテリーは上位機種よりも低スペックなのは仕方ないですが、LINE、通話、たまにクーポンや調べ物でインターネットを使う分にはまったく問題ない性能です。

他にも上位機種の5インチでKIWAMI、MIYABIと2機種用意されています。KIWAMIは39800円と高額ですが、MIYABIは19800円と5インチモデルでは低価格層のスマートフォンです。それでも同じ性能のスマートフォンを求めるなら、他のメーカーでは、39800円以上になるので、その差額がわかりやすいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ