中華タブレットのデュアルOS化

中華タブレットで流行のデュアルOS

中華タブレットは、デュアルOSが採用されやすいです。

「デュアルOS」とは一つの端末に複数のOSが入ってる状態のことです。

以前は自分で専用のソフトを使ってデュアルOS化するのが主流でしたが、最初からデュアルOS化しているので、手間が省けて便利ですね。大抵はAndroidとWindowsが入っています。

そんなデュアルOSタブレットのメリットは、まず、特定のOSでは使えない、特定のOSでしか使えない、といった様々なアプリもOSを切り替えることで一つのタブレットで使えるというメリットがあります。

また、作成したデータが他のOSでも問題なく表示されるかどうかを一つのタブレットで確認できるというメリットもあります。クリエイティブな仕事をしている人ほどデュアルOSタブレットが役に立つかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ